疑問はスッキリ!歯科助手についてのあれこれ

歯科助手とは、歯科衛生士とはまた違い、歯科医師や歯科衛生士のお手伝いをする仕事になります。歯科医師のお手伝いと聞くと、専門用語を知らないとできないのでは?と思ったり、すごく大変なのではないか、と思います。

実際にどのような仕事になるかというと、受付業務や治療で使用する器具の準備・洗浄・片付け、患者さんの話を聞き、少しでも治療に対しての不安を取り除いてあげる、医院の掃除、というような、歯科医師や衛生士のサポートとなるような行動が含まれます。

歯科助手として働く上で知っておきたい用語や器具の名前はありますので、あらかじめ学んでおくと実際にお仕事を開始したときに戸惑うことも少なくなるでしょう。

また、歯科助手になるためには資格が必要なのかが気になりますが、資格試験もなく、求人情報に掲載されている条件をクリアしていれば仕事をすることが可能です。

資格がないとしても、歯科助手として働くには専門知識が必要となってきます。そのため講習会を受講したり、日本医師会の歯科助手認定制度や全国医療技能検定協議会の歯科アシスタント検定試験などで、認定されてから求人に応募すると採用されやすいということもあるようです。

医療行為は行わない歯科助手ですが、サポートする仕事なので、コミュニケーション能力や仕事に対しての正確さが問われます。時には自分で判断しなければならないこともあるので、心配性であったり、優柔不断な人には向かない職業かもしれません。

TOPへ戻る