どんな仕事をするの?歯科助手ができること

クリニックに歯科助手は何人いる?

歯科医院の診療科目を見ると、矯正歯科や小児歯科、審美歯科や予防歯科、インプラントなどがあげられます。最近では細かく歯周病治療や入れ歯と入れているクリニックもあります。

歯科医師が多いところでは虫歯治療や矯正治療に力を入れている、予防だと歯磨きの指導であったり、フッ素塗布などに力を入れると思うので、歯科衛生士の人数が多くなります。

小さなクリニックでは歯科助手が1人ということも多いようです。歯科助手の仕事は歯科衛生士の方でもカバーできるので、歯科助手が自分1人であっても歯科衛生士の人数によって働きやすさが変わるでしょう。

勉強会に参加しながら少しずつスキルアップしたいと思っていても、お休みも取れない、忙しくて勉強する時間も取れない、ということになると、自分の身体を壊してしまいます。

そうならないためにも、働きたいクリニックの歯科医師や歯科衛生士の人数や雰囲気を見ることは大切です。

歯科衛生士を目指すこともできるの?

歯科衛生士は資格がないとできません。歯科助手の仕事をすることで、実際に治療や処置をやってみたいと思うことも出てくるかもしれません。

歯ブラシ指導は治療じゃないから、と思いますが、歯ブラシ指導も歯科衛生士にならないとできません。歯科助手はあくまでも歯科医師や歯科衛生士のサポートなので、やりたいと思ったこともできないことがあります。

資格を持って仕事をすることはとてもやりがいがあると思います。歯科衛生士は歯科助手が頑張ったら資格を取ることができるのでは?と思うこともありますが、専門学校や短期大学などを出て国家試験に合格する必要があるため、考える時期が遅ければ費用の問題などであきらめなければならないこともあるでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る