歯科衛生士と歯科助手の違い

どこからが医療行為かわかりやすく

歯科衛生士と歯科助手の違いで大きいところは資格の有無。口の中を触ると医療行為となってしまいますが、歯科助手はその周りのことまで。そのため資格がなくても大丈夫です。仕事を教えてくれる歯科医院であれば未経験でも働くことができます。

フッ素を塗布したり、歯ブラシの指導をするのも歯科衛生士の仕事。歯科助手はあくまでも歯科衛生士や歯科医師のサポートであり、患者に対して行うのは医療行為ではなく、問診であったり不安を取り除いてあげるといった精神面のサポートです。

歯科衛生士のわかりやすい仕事は歯石取りや歯のクリーニングに関わること。また歯がきちんと生えているか、虫歯がないかというような歯の健康チェックです。そういった行為は歯科助手はしません。

歯科助手が医療行為をやっている?

クリニックによっては歯科衛生士が足りなく、歯科助手にさせているところもあるかもしれませんが、それは違法行為につながります。歯のレントゲンを撮るといった行為は歯科医師か診療放射線技師のみで、歯科衛生士でもできません。

万が一仕事をしている場所で医療行為となるようなことを頼まれたとしたら、それはやってはいけないことなので、注意しておきましょう。口の中を触る行為が医療行為と言いましたが、唾液を取るバキュームは歯科助手でもおこなってよいこととなっています。

歯科助手の医療行為は違法行為で書類送検されてしまいます。歯科医院でも気を付けているはずですが、人で不足によって行っているところもある、ということは知っておいた方がよいでしょう。

求人で選ぶときには歯科助手に医療行為をさせているかどうかも確認しながら選ぶと、間違いはおきません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る